エストニアのIT技術は発達し世界中の企業が支持

エストニアとは、北ヨーロッパに位置する共和制国家であり、EUとNATOの加盟国です。

首都はタリンです。フィンランドとロシアの周辺にあり、フィンランド湾に面している国として知られています。また、バルト海岸に並んでおり、バルト三国の中でも、最も北の国に位置しているところが特徴として挙げられます。

首都であるタリンは、中世都市として栄えました。タリンは港湾都市でもあります。

また、フィンランドととても近いことから、対岸にあるヘルシンキとの往復が盛んに行われています。

フィンランドとエストニアの街を行き来するという人は少なくありません。エストニアでは、複数の言語を話すことができる国民が多くいることで有名です。報道の自由度も高く、それぞれの人々が自由に発言を行っています。

また、この国ではITの産業がとても発達しています。

例えば、世界中で使用されているSkypeは、エストニアで誕生しました。Skypeとは、アプリケーションの一つであり、使用すると世界中の人々に電話やメッセージでコミュニケーションを取ることができるようになります。

そのため、Skypeは世界中の人々の支持されており、多くの人々によって使用されています。ITが進んでいることから、世界の多くのIT企業がこの国に進出しているのです。

早期のIT教育も盛んに行われていることから、次世代の教育にも力が入れられていることが分かります。

教育に関しては、IT教育だけではなく全体的な教育に力が入れられています。特に、国際学力調査ではヨーロッパの中でも上位の成績を占めているところが特徴となっています。

歴史に関しては、さまざまな国々によって支配されていた歴史を持っています。

例えば、ドイツの騎士団やスウェーデンを始めとして、デンマークやロシア帝国などがこれまでに支配をしてきました。

その後エストニアは、第一次世界大戦の後にロシア帝国から独立した歴史があります。

そのため、今でもロシア人が国中にたくさんいることでも知られています。独立後も、戦争によりドイツやソビエト連邦が占領をしているという歴史があります。EUとNATOに加入したのは2004年のことでした。

この国の世界遺産は2つあることで知られています。タリン歴史地区と測地弧です。

これらの文化遺産は非常に大切であるとされており、世界中の人が注目をしています。観光地としてこれらの遺産を訪れる人も少なくありません。